小型船舶免許の種類、取得・更新・合宿情報。

船舶免許リンク

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2007.05.01 Tuesday | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 小型船舶免許 ]

小型船舶免許

< 小型船舶免許の記事はココから >

小型船舶とは


「小型船舶」とは、総トン数20トン未満の船舶と定義されています。ただし、総トン数20トン以上のプレジャーボートでも、次の要件の全て を満たしている場合には、小型船舶に含まれます。
・一人で操縦を行う構造である船舶
・長さが24メートル未満である船舶
・スポーツもしくはレクリエーションのみに用いられる船舶(漁船や旅客船等の業務に用いられないもの)

また、次の要件の全てを満たすボートに、免許は要りません。
1.長さが3メートル未満であるボート(登録長)
※注:「登録長」は、概ね「船の全長×0.9」となります。 (なお、船型によって「登録長」の定義が異なりますので、詳細は地方運輸局等にご確認ください。)
2.推進機関の出力が1.5kw(約2馬力)未満であるボート
3.直ちにプロペラの回転を停止することができる機構を有する船舶
4.その他のプロペラによる人の身体の傷害を防止する機構を有する船舶
例)非常停止スイッチ、キルスイッチ、遠心クラッチ、中立ギア、プロペラガード等
→これにより、例えば、上記3.の機構を有するエレキモーター(出力1.5kw未満に限る)のみを使用して3m未満の船を利用する場合には、免許は不要になります。
(※1.5kw未満のエレキモーターのみでも船の長さが3m以上である場合は免許が必要です)

小型船舶免許の区分


かつて小型船舶免許は、1級から5級までの5区分でしたが、現在の免許区分は、ボート・ヨット用の「1級」、「2級」と水上オートバイ用の「特殊」の3区分に再編されています。
*2007年4月現在

1級は、外洋免許という位置づけで、正確には1級小型船舶操縦士といいます。
2級は、沿岸免許で、同じく2級小型船舶操縦士です。

2級には旧制度の湖川小馬力と同様の「湖川小出力限定」の区分がありますが、エンジン出力は、従来の10馬力未満から15kw未満(約20馬力)に拡大されています。

水上オートバイを操縦するためには、「特殊」の免許を取得しなければなりません(1級・2級の免許では操縦できません)。「1級」、「2級」が車の免許なら、「特殊」はさしずめバイクの免許といったところでしょうか。

ちなみに20トン以上のプレジャーボートは、長さ24メートル未満のものまで1級または2級の免許で操縦可能です。

人を運ぶ船は、特定操縦免許


旅客船や遊漁船など人を運ぶ小型船舶の船長になりたい人は、通常の試験(小型船舶士操縦試験)の合格に加えて、小型船舶操縦者としての業務を行うに当たり必要となる海難発生時における措置、救命設備等に関する「小型旅客安全講習」の受講が必要です(平成15年6月1日以降の新規免許取得者のみ)。

小型船舶の免許証


・免許証は「小型船舶操縦免許証」に名称が変わりました(現在、海技免状を持っている人は、当該海技免状の有効期間内はそのまま使えます。更新時に新しい免許証に引き換えられます)。
・1級(もしくは2級)と特殊の両方の免許を取得している人には、両方を合わせて表示した1枚の操縦免許証が交付されます。
・小型船舶免許申請用紙等は、運輸局等の受付窓口で無料にて配布しています。
・特殊の免許を取得している人が、後日、1級(2級)の免許を取得した場合、新たに発行される操縦免許証は1級(2級)と特殊の両方が表示され、有効期間は新たに発行される操縦免許証の交付日から5年間になります。(1級(2級)の免許を先に取得し、特殊の免許を後で取得した場合もこれと同じ)
・免許の申請は、住所等を表示するため、初回は「本籍の記載のある住民票の写し」が必要です。
・免許の申請など各申請に必要な写真のサイズは、パスポート申請用のサイズ (縦45mm×横35mm)に統一されています。

船舶免許証の有効期限


・操縦免許証は5年間有効です。
・更新講習は、各免許区分とも共通です。(1級(2級)と特殊の両方を所有している場合は、1回の受講で更新できます。)
・平成15年5月以前より免許を持っている人が、同年6月以降初めて更新や紛失等による再交付の手続きを行う場合は、「本籍の記載のある住民票の写し」が必要です。
< 小型船舶免許の記事の続きはココから >
< 小型船舶免許の記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.05.01 Tuesday 05:41 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 船舶免許の更新 ]

船舶免許の更新

< 船舶免許の更新の記事はココから >

船舶免許の更新<概要>



船舶免許の操縦免許証(海技免状)には5年の有効期限があり、5年ごとに更新する必要があります。

この更新制度は、一定期間ごとに、身体適性や知識技能の再確認を行うことにより、船舶の安全航行を確保しようとするものです。

更新手続は、有効期限の1年前から行うことができます。早く更新したからといって、有効期限が短くなるわけではありません。期限が切れる次の日から、さらにまるまる5年間が有効期限になります。

万が一、更新手続をしないで有効期限が切れた場合は、その操縦免許証では引き続き船長として乗船することができません。

船舶免許の有効期限には、注意が必要です。

もし切れてしまった場合は、失効再交付講習を受講して、操縦免許証の再交付を受けることで乗船することができるようになります。

操縦免許証の有効期限の表記


海技免状の場合は裏面の備考欄に、小型船舶操縦士免許証の場合は、表面の下部に書いてあります。

更新時の要件


操縦免許証を更新するには、身体適性基準(操縦試験の身体検査基準と同じ。ただし弁色力の部分を除く)を満たし、同時に次の要件の内いずれかひとつを満たしていなければなりません。

1.登録講習実施機関の行う更新講習を修了していること(身体検査も講習開催時に併せて行っています)。

2.5年間で、船長として1ヶ月以上の乗船履歴があること(詳しくは最寄りの免許証発行所へ問い合わせを)。

3.前項の乗船履歴がある者と同等以上の知識や経験があること、地方運輸局長が認める職務に一定期間従事していた事実があること(詳しくは最寄りの免許証発行所へ)。

船舶免許更新の詳細については、各自治体の担当部署へ。
北海道(札幌)、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(豊島区、渋谷区、新宿区、千代田区、港区、文京区、墨田区、品川区、大田区、杉並区、北区、板橋区、足立区、江戸川区、中央区、台東区、江東区、目黒区、世田谷区、中野区、練馬区、葛飾区、荒川区)、神奈川県(横浜)、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋)、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸)、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(北九州)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇)


< 船舶免許の更新の記事の続きはココから >
< 船舶免許の更新の記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.28 Saturday 06:08 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 船舶免許を取得するには ]

船舶免許を取得するには

< 船舶免許を取得するにはの記事はココから >

ボート免許制度とは


ボート免許制度は、昭和46(1971)年に「船舶職員法」によって定められ、始まった国家資格。昭和49(1974)年の法改正によりボート免許制度(小型船舶操縦士制度)の基本的枠組みが創設されて現在にいたっています。

国家試験を受験するか免除を選ぶか


免許を取得するには大きく分けて2つの方法があります。国家試験を受験する「受験コース」と、指定養成施設で所定の講習並びに修了審査を受ける「国家試験免除コース」です。それぞれメリット・デメリットがあるので、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

受験コースの場合、日程や費用の面でメリットがありますが、国家試験という試験である以上、絶対に合格という保障はどこにもありません。ちなみに2級ボート免許の場合の合格率は90〜95%ですから、確率はかなり高いといえます。

一方の国家試験免除コースの場合、修了審査で不合格になる割合は、国家試験に比べ、極めて小さくなるため、不安は解消できるといえます。ただしその分、日程やコスト面の負担は大きくなる傾向にあります。

受験コースで取得する


船舶免許の国家試験には「身体検査」「学科」「実技」の3つがあり、受験コースはこれらをすべて受験します。受験のための講習会を受講して国家試験に臨むのが一般的です。講習会に参加すると国家試験に対する事前学習のほか、面倒な各種申請関係を代行してもらえるというメリットが受けられます。

国家試験免除コースで取得する


自動車免許でいうところの「自動車学校」にあたる指定養成施設で、指定された講習をすべて受講し、修了審査に合格すれば船舶免許が交付されます。修了審査は国家試験ではありませんが、不合格になることもありますので、「入学さえすれば自動的に免許がもらえる」というわけにはいきません。しかし国家試験を一発で受けるよりも、確実性は高まります。この辺は、自動車教習と事情は同じです。
< 船舶免許を取得するにはの記事の続きはココから >
< 船舶免許を取得するにはの記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.26 Thursday 14:55 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 船舶免許を合宿で取る ]

船舶免許を合宿で取る

< 船舶免許を合宿で取るの記事はココから >
2級ボート免許(船舶免許)だと、一泊二日の合宿で、取得することができる。普通に勤めている社会人でも週末を利用して簡単にボートの免許を取ることが可能だ。

さらにもう一日あれば、特殊小型まで取得できる。料金は、2級のみでだいたい12万円〜13万円。特殊小型まで加えると、17万円〜18万円といったところだ。

1級のボート免許(船舶免許)では、三泊四日の合宿、特殊小型はプラス一日で可能だ。料金は、14万円〜15万円。特殊小型まで加えると、19万円〜20万円といった予算になる。

2級船舶免許をすでに持っている人が、1級船舶免許に進級するコースだと、一泊二日の合宿で済む。料金は、4万円〜5万円といったところだ。

プラスオプションで、クルージングコースなどを設けているところもあり、ちょっとしたレジャーのような感覚で合宿を楽しめるのではないだろうか。

自動車免許もそうだが、船舶免許合宿で集中してとるというのが、目的達成への最短距離だろう。

河口湖での合宿コースなど、揺れが少なく、富士山の見える景色も魅力で、人気が高いようだ。
< 船舶免許を合宿で取るの記事の続きはココから >
< 船舶免許を合宿で取るの記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.26 Thursday 14:17 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 船舶免許の種類 ]

船舶免許の種類

< 船舶免許の種類の記事はココから >
2004年11月から新しい法律が施行され、小型船舶操縦士免許が変わりました。
小型船舶免許は「一級小型船舶操縦士」「二級小型船舶操縦士」「特殊小型船舶操縦士」 「湖川二級小型船舶操縦士」の四種類 になりました。

一級小型船舶操縦士


20トン未満の船舶の船長になれます。航行区域は、沿海区域(20海里)以上、無制限です。(陸岸から100海里を超える区域を航行する場合は、一定の資格を持った機関長も乗り組ませる必要があります)。

二級小型船舶操縦士


一級と同じく20トン未満の船舶の船長です。ただし航行区域は、陸岸から5海里までに制限されています。

湖川小出力二級小型船舶操縦士


5トン未満で推進機関の出力が20馬力未満の小型船の船長になれます。湖川又は指定された一部の湾のみ航行できます。

以上、3つは、陸でいえば自動車の免許なので、水上オートバイには乗れません。水上オートバイを運転するには、下記の免許が必要です。

特殊小型船舶操縦士


水上オートバイ専用の免許です。陸岸から2海里以内の水域に限り、航行できます。

なお、総トン数5トン未満のヨット、又は3m未満で推進機関が1.5kw未満のボートに乗る場合は、免許は必要ありません。

*航海上の距離は、陸上のようにキロメートルではなく、海里(英語ではマイル、詳しくはノーティカル・マイル)で表されます。1海里(マイル)は1852メートルで、2級小型船舶操縦士免許の航行区域である5海里は、1852m×5=9.26kmとなります。

*総トン数は、船の重さ(排水量/displacement)を指すわけではなく、キャビン空間など船の容積をもとに計算される値となります。同じ長さの船でもキャビンの大きさなどによって異なってきます。たとえば同じ長さと幅を持つボートでも、屋根のないオープンタイプのボートは、ブリッジやキャビンが付いたボートより総トン数(容積)が少なくなります。
< 船舶免許の種類の記事の続きはココから >
< 船舶免許の種類の記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.22 Sunday 16:24 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 小型船舶免許の更新 ]

小型船舶免許の更新

< 小型船舶免許の更新の記事はココから >
小型船舶免許の更新について、小型船舶免許に詳しい、船田講師に聞いてみました。

質問:小型船舶免許の更新っていうのは、何年ごとにすればいいのでしょうか?
船田:ボート免許(小型船舶免許)は5年ごとに更新しなければなりません。もし更新をしないで船舶を操縦すると無免許になりますよ。

なるほどうっかりしないように気をつけなければいけませんね。

質問:では、ボート免許(小型船舶免許)の更新は、いつから出来るんでしょうか?
船田:お手持ちの海技免状(ボート免許)の備考に有効期間が書かれているでしょう?その有効期間の1年前から更新講習を受講する事が出来ますよ。

なるほど。まあまあ余裕はありますね。

質問:だいたいいつ頃、更新講習を受講したらいいでしょうか。
船田:有効期間の1ヶ月前に更新講習を受講することをおすすめしますね。

質問:海外出張などどうしても更新講習が受講できない場合などはどうすればいいのでしょう。
船田:更新期間は1年ありますが、長期に渡り海外出張 などしている場合には特例として更新期間前に更新講習を受講する事ができます。ただし、更新期間中に海外にいるということを証明する必要があります。役所などで書類を準備してくださいね。

質問:更新講習とはどのような事をするんですか?
船田:ビデオ講習のほかに簡単な身体検査を行います。約2時間の簡単な講習です。ちなみに試験ではありません。身体検査は船長としての適性基準をみるのです。

質問:身体検査とはどんな内容なのですか?
船田:まず、視力が両眼共0.6以上必要です。眼鏡やコンタクトなどをしているひとは使用した視力で結構です。一眼のみ0.6以上の場合は、その眼の視野が150度以上あることが条件です。疾病または、身体障害があっても軽症であること。つまり船の操縦に支障がないことです。交通事故などで身体に障害が生じた場合は、予備身体検査を受けることによって判断が可能です。聴力に障害がある場合は講習を受講する前に講習機関で聴力検査が必要になることがあります。
< 小型船舶免許の更新の記事の続きはココから >
< 小型船舶免許の更新の記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.22 Sunday 03:53 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 松山市(愛媛県)の小型船舶免許教室 ]

松山市(愛媛県)の小型船舶免許教室

< 松山市(愛媛県)の小型船舶免許教室の記事はココから >
松山市(愛媛県)にある小型船舶免許教室や更新の情報についてお知らせします。

西日本ボート免許教室


この教室のモットーは、「教えるのではなく、教えさせていただく」という精神。吉本興業の先輩が後輩に向かってよく言う「笑わかすのではなく、笑わさせていただくんやで」というセリフを彷彿させる。丁寧で熱心な指導で、合格率100%を目指している。
講習は、愛媛県の松山市をはじめ、宇和島市、八幡浜市、大洲市、伊予市、四国中央市、今治市、新居浜市、西条市、西予市、南宇和郡愛南町、松前町、砥部町、高知県高知市、安芸市、四万十市(中村市)、宿毛市、香川県高松市、徳島県徳島市、広島県広島市、山口県岩国市で行われています。

代表いわく「低価格、高合格率、親切指導をモットーに免許取得のお手伝いをさせて頂いております。 何とか全員の方が、早期に一発で合格するよう努力しておりますが他力本願では、合格には至りません。少々の努力はしていただけなければ、国家試験に合格はしません。特に学科試験につきましては、皆様の努力次第です。実技試験につきましては、実技講習の際、合格していただくために少々厳しい事も言いますが、これも合格の為とお許しください。 とは言うものの、ほとんどの方が一発合格しています。マリンレジャーに興味のある方は是非、チャレンジしてみて下さい」と、まかせて安心の教室のようだ。


やました海事事務所ガイヤボートスクール


船舶関係の申請はすべてOKという、松山市和気町のボートスクール。
無料体験乗船会なども行っているようだ。
・マリンレジャーに興味がある
・ゴールデンウィークにちょっと人とは違った遊びがしたい
・普段できないスペシャルなデートがしたい
・ボート免許取得を考え中
・免許はあるけどボートに乗る機会がない、ボートを持っていない
こんな人はぜひ一度問い合わせてみるといい。
089−990−8522

こちらのスクールでは、2級小型船舶免許の独学教室というものを開催している。
2級小型船舶操縦士免許の学科試験は独学で勉強し、実技だけ受講したいという人のために設けられているようだ。
意欲のある人、試験勉強が得意な人には最適のコースだ。我こそはという人は、ぜひ、チャレンジを。もちろん、分からないところがあれば、いくらでも質問は受け付けるとのこと。
フォローもバッチリしてくれそうだ。

その他、愛媛県松山市のボートスクール、小型船舶免許教室


その他にも松山市福角町の「ボート免許四国教室」や松山市畑寺の「小林海事事務所」などがある。

四国地区は、海の王国といえるほど、ボートスクール、小型船舶免許教室が充実している。
< 松山市(愛媛県)の小型船舶免許教室の記事の続きはココから >
< 松山市(愛媛県)の小型船舶免許教室の記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.21 Saturday 13:47 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 大阪の小型船舶免許教室 ]

大阪の小型船舶免許教室

< 大阪の小型船舶免許教室の記事はココから >
古くから栄える港町大阪には、小型船舶免許教室が充実している。

大阪ボート免許教習所


大阪府堺市西区浜寺諏訪森町にある小型船舶免許教室は、ボート免許教室であり、レンタルボートも行っている。「レッツ・ゲット・ザ・ライセンス!」と勢いよく、ボート免許を取得して、モーターボート・ジェットスキー・ヨット・海釣り・バス釣りを楽しもう!!と小型船舶免許取得者の増加に貢献している。信頼のボート免許教室実施 近畿小型船舶免許協議会 (KSK)加盟操縦免許取得推進協議会認定 優良教習所でもあるので安心だ。30年に渡り、ボート免許の講習を行っているということで、信頼のおけるスクールだと言えそうだ。

ボートライセンス大阪


行政許可取得優位教習機関で、最短の教習・最大の合格を目指している、小型船舶免許教室。姫路教室、神戸学院、西宮教室、大阪学院、西大津教室と広域にわたって展開している。
こちらの学院のメリットは、まず交通が便利で、駐車場が無料ということ。ボートは試験艇とまったくの同一艇を使用する。二級も一級も実技から学科までも1日で受講伝授してくれる。

ヤマハ藤田


ヤマハ藤田のボート(船舶)免許教室は、講習と試験が同じ会場でできる国内で数少ない認定優良教習所(平成18年度)。(操縦免許取得推進協議会認定) そのため、安心して受講・受験でき、合格率も高いようです。ヤマハ藤田は、「ボート免許(船舶免許)優良教習所」を受賞。この表彰は合格率・受講者数はもちろん、安全管理基準もクリアされているスクールのみに与えられるものです。レンタルボートクラブなどもあり、海を楽しむことに精通している教室のようだ。

大阪マリン


ボート教室のみならず、ボートの販売やレンタルも手掛けている。ボートの販売は、新艇・中古艇・船外機・マリンジェットなど。フィッシングボートは、ビギナーからベテランまで、釣り人の期待に応える。家族で、仲間で、ゆったりと海での時間を楽しめるクルージングボートシリーズ。理想のウエイキ形状と優れた操船性能を誇るトーイングボートシリーズ。外洋での圧倒的な機動力と上質な居住空間を両立したビックボートシリーズ。その他船外機なども取り扱っている。
レンタルボートは、会員制で、「選べる遊び」「選べるスポット」「選べるボート」をテーマに充実したサービスを展開している。特徴としては、携帯で予約できること。また遊びのスタイルに合わせて、クラブ艇を選べること。全艇GPSが装備されていて、初めての海でも安心して遊べる。入会期限はないので、更新時に再び入会金を請求されることがない。

その他、大阪の小型船舶免許スクール


その他、大阪には、大阪市淀川区西中島の「シーフェローズボートライセンススクール」、大阪市北区中津の「マリンボートスクール」、大阪市北区中之島の「中之島ボート免許教室」、大阪市西淀川区大和田の「ボート免許近畿教室」など、さまざまなボート教室がある。
< 大阪の小型船舶免許教室の記事の続きはココから >
< 大阪の小型船舶免許教室の記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.21 Saturday 06:49 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 小型船舶操縦士の免許 ]

小型船舶操縦士の免許

< 小型船舶操縦士の免許の記事はココから >
小型船舶操縦士免許とは、日本国内で、レジャーやスポーツや海上業務などを主な目的とし、海や湖を航行するエンジン付きの小型船を操縦するために必要な免許です。小型船とは、モーターボート、ホバークラフト、エンジン付きヨット、水上オートバイを指します。船舶職員や小型船舶操縦者法に定める海技従事者の一つです。厳密に言えば小型船舶操縦士の保有を証明して交付される公文書を小型船舶操縦免許証といいます。通称で「ボート免許」とも呼ばれています。

1級小型船舶操縦士の免許


航行区域の制限はありません。20トン未満の外洋小型船が運航できます。遠洋の島などに渡る際は、この1級小型船舶操縦士免許が必要です。ただし、海岸から100海里を越える区域を航行する場合は、六級海技士(機関)以上の資格を持った機関長を乗せる必要があります。

2級小型船舶操縦士


平水区域または海岸から5海里までが航行区域です。ただし、湖川小出力限定を除きます。20トン未満の沿岸小型船が航行できます。
航行できる区域は川、湖、湾内などの平水区域と海岸から 5海里(約9キロメートル)までですが、普通にボートで遊ぶにはこの免許でほとんど事足ります。沿岸を伝っていけば、本州一周も可能です。

湖川と運輸大臣指定の海域のみを航行する5トン未満・出力20馬力未満の小型船については、2級(湖川小出力限定)小型船舶操縦士という免許になります。

特殊小型船舶操縦士


ジェットスキーや水上バイク用です。こちらはバイクの免許に相当しますので、上記1級・2級を持っていても、水上オートバイを運転することはできません。この特殊小型船舶操縦士が必要です。長さ4m未満、幅1.6m未満の小型船を運行できます。

いずれも一生にわたって使える生涯免許ですが、5年ごとに更新が必要です。身体能力などの適性をチェックするためです。
万が一更新を忘れてしまっても、失効更新の手続きを取れば、復活できます。

試験は、全国各地で不定期に行われています。日程は各試験機関に問い合わせください。学科試験は一級、二級、特殊が四肢択一、二級(湖川小出力限定)が正誤式になっています。

小型船舶操縦士免許試験の情報は、各都道府県の試験機関へお問い合わせを。
北海道(札幌)、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(豊島区、渋谷区、新宿区、千代田区、港区、文京区、墨田区、品川区、大田区、杉並区、北区、板橋区、足立区、江戸川区、中央区、台東区、江東区、目黒区、世田谷区、中野区、練馬区、葛飾区、荒川区)、神奈川県(横浜)、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋)、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸)、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(北九州)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇)



造船 道内初の船舶ファイナンス活用/自動車保険の等級とは/ジェームス兜注目銘柄/気がつけばGWが見え/地震ニュース/不法入国に備えた沿岸警備を/アナウンサーさん頼みますよ・・・・/チューリッヒ自動車保険で自動車保険も/19日の日経平均 17371.97(-295.36/小型船舶2級/有料会員サイトのご案内/ハロー!株式 2007/04/18/☆百識〜船〜後編☆/4/19 追加02/【JR 西日本】JR 西日本とは?
< 小型船舶操縦士の免許の記事の続きはココから >
< 小型船舶操縦士の免許の記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.20 Friday 15:40 | - | - |
[ HOME小型船舶操縦士 > 小型船舶免許の航行可能水域 ]

小型船舶免許の航行可能水域

< 小型船舶免許の航行可能水域の記事はココから >
小型船舶免許を取得するに当たっての疑問についてお答えします。

日本で取得した小型船舶の免許は、海外でも通用するのでしょうか?
小型船舶免許については国際的な取り決めがこれといってなく、いまのところ各国独自の免許制度になっています。国によっては、免許制度そのものの存在がない場合もあります。

よって日本で取得した免許を海外で使用、または海外で取得した免許を日本で使用することは原則としてできません。ヨットレース等で特例を認める場合はあるようです。

詳しくは、関係国の大使館等に問い合わせてみるといいでしょう。

操縦できる水面は、免許によってどう違いますか?

一級は、無制限です。ただし、沿海区域の外側80海里(約150km)未満の水域以遠を航行する場合には六級海技士(機関)以上の資格を持った人を乗組ませなければなりません。
沿海区域とは、おおむね本邦(本州、北海道、四国及び九州並びにこれらに附属する島)、樺太本島および朝鮮半島の各海岸から20海里(約37km)以内の水域を指します。

二級では、まず平水区域を航行できます。平水区域とは、河川、湖沼や港内と、法令に基づいて定められた51ヶ所の水域です。これらの水域は、年間を通じて比較的静穏であり、地理的には陸岸により囲まれていて、その開口は直接外海に面して大きく開いていない。直接外海に面して大きく開いている場合は、開口入口附近に島があって、外海からの波の直接侵入を妨げている。水域の面積は比較的狭小で風向に応じた風の吹送距離が小さくなるような条件を具備していること。大小の島が散在していて波やうねりの発達を妨げるような条件を具備していることなどの要件に適合する水域となっています。
また、本州、北海道、四国及び九州並びにこれらに附属する島でその海岸が沿海区域に接するものの各海岸から5海里(約9km)以内の水域を指します。

二級の湖川小出力限定に関しては、以下の水域で航行できます。湖および川ならびに通常の海象条件の下で波浪が穏やかであり潮流が微弱である海域のうち、国土交通大臣が指定する次の海域です。
1.七尾北湾…石川県
2.七尾南・西湾…石川県
3.阿蘇海…京都府
4.中海…島根県
5.内海…香川県
6.北灘湾…愛媛県
7.深浦湾…愛媛県
8.浦戸湾…高知県
9.浦ノ内湾…高知県
10.須崎湾…高知県
11.塩屋湾…沖縄県

特殊小型船舶操縦士の免許では、乗船する船舶ごとに規定された区域のみ航行できます(安全に発着できる任意の地点から15海里(約27.8km)以内の水域のうち、当該地点における海岸から2海里(約3.7km)以内の水域及び平水区域内の陸岸から2海里以内の水域に限る)。
< 小型船舶免許の航行可能水域の記事の続きはココから >
< 小型船舶免許の航行可能水域の記事はココまで >
| カテゴリ : 小型船舶操縦士 | 2007.04.20 Friday 15:23 | - | trackbacks(84) |

最新トラックバック